第4回番組「若者と農業」、11月6日放送予定

「京都・丹波 Do! たんばRadio」、第3回「保津町の水車とまちづくり」の放送が終了しました。今回も熱心なリスナーの方から投稿をいただき、スタッフ一同元気づけられています。なかでもうれしかったのは、この番組を聴いて亀岡を訪れ、湯ノ花温泉やコスモス園、亀岡祭に来てくださった方がおられたことです。これからも番組は京都・丹波の魅力を発信していきます!

亀岡・西別院でお父様の忠夫さんとご一緒にトマトなどの水耕栽培を行う長澤環さんのガラス温室を取材
亀岡・西別院でお父様の忠夫さんとご一緒にトマトなどの水耕栽培を行う長澤環さんのガラス温室を取材
亀岡・西別院でお父様の忠夫さんとご一緒に
トマトなどの水耕栽培を行う長澤環さんのガラス温室を取材

さて、第4回番組「若者と農業」は11月6日(日)朝10:35?10:50に放送されます。
京都・丹波は農業が盛んな地域です。とりわけ亀岡や南丹エリアは京野菜をはじめ質の高い農産物を産出し、「京の台所」と呼ばれています。一方、日本の農業は現在、高齢化や市場開放問題などで曲がり角を迎えていると言われます。

亀岡市旭町で有機栽培を営む平井孝彦さんを取材する
亀岡市旭町で有機栽培を営む平井孝彦さんを取材する

今回は、丹波・亀岡エリアでさまざまなかたちで農業を営む4名の元気な若手農家の方々に登場いただきます。
ナビゲーターは、農家出身の経営学部3回生・槌田敦喜。この若手農家の方々を亀岡・西別院や八木近郊の農地に訪ね、またみなさんを大学の放送スタジオに招いて座談会を行いました。はたして、農業のいまはどうなっているのか、これからの農業に展望はあるのか? 現地取材と徹底討論でその実情に迫ります。

→ 投稿は「番組に投稿する」のページから